エアコンマスク水冷式 air conditioning mask

English/日本語

呼吸する空気までも冷やす!クールスマイルの「エアコンマスクBM-1」 熱中症対策製品 Air conditioning mask

粉塵が舞う現場で猛暑の健康被害の原因は、マスクの着用率にあります。 2017.4.13更新

産廃労働環境改善と作業効率向上に エアコンマスク

 

誰もが暑さのために、苦しい呼吸から逃れるため、マスクを外します。

砂の舞うサンドストーム砂嵐(写真はQatar Doha)では砂と一緒にばい菌を吸い込んでしまうため、すぐに呼吸困難に陥り、救急搬送されます。

中東国カタールの最高気温は50℃を超える、非常に過酷な環境です。

 

カタール 猛暑 サンドストーム 砂嵐

 

日本国内でも、産業廃棄物処理現場など、常に粉塵が舞う現場ではマスクが着用されておりません。カタール同様に現場仕事中の呼吸が苦しいため、マスク着用できずにいます。

クールスマイルは、独自開発したマスク構造で特許を出願しました。必要であろう現場へ持ち寄ってみたところ、思わぬ必需品としての評価をいただきました。単に吸入空気を冷やすことで猛暑対策になる製品ですが、その用途が幅広く、クリーンな空気まで提供が可能なため、真夏の現場でも大活躍します。

人間エアコンで外から吸熱し、エアコンマスクで体の内側から吸熱することに成功しました。両方兼用することで、まるでエアコンの中にいるかのような、錯覚まで覚えることになります。

 

産廃現場 マスク 未着用

産業廃棄物処理工場

 

クールスマイルがカタールの大型ショッピングモール建築現場監督からヒアリングした結果、「呼吸困難が深刻化しており、この製品は非常に興味深く思う」と高い評価を得られました。

 

カタールモール 現前対策 現場監督

ダンプカーが走れば、砂を巻き上げ、風が吹けば、最悪視界は2〜3mの日もあるとのこと。

クールスマイルがカタールの大型ショッピングモール建築現場監督からヒアリング

建築真っ最中(2015年10月12日撮影)のカタールモールでは約4000人の作業員が働いている。休憩所もないこの地で外国人労働者は日陰で休んでいる。作業員はバスでこの地まで30分以上かけて最寄りの宿舎からやってくる。

クールスマイルがカタールの大型ショッピングモール建築現場監督からヒアリング

砂漠のど真ん中で建築中、ここまでは車でしか来ることができない。現在、地下鉄も延伸して、モール地下まで達するという。

ダストを吸い込む現場環境を少しでも防止するため、衛生上マスクを着用する必要

 

ダストを吸い込む現場環境を少しでも防止するため、衛生上マスクを着用する必要があります。そういった環境でありながら、マスク着用が課題であった現場へエアコンマスクをお届けします。

エアコンマスクは、人間エアコン同様に水冷式で吸い込む空気を急速に冷却し、体内に届けます。吐き出す熱息は体外に放出されます。装備は軽量で効率よく冷気を吸入することができるため、長時間(軽量装備で約1〜2時間)の使用に耐えることができます。

 

エアコンマスクは、人間エアコン同様に水冷式で吸い込む空気を急速に冷却し、体内に届けます。

写真は試作品BM-1

装備は軽量で効率よく冷気を吸入することができる

気温40℃を越えた環境で、マスク着用作業をしていただきました。

写真は試作品BM-1 マスク

現場監督と作業員で、効果の状況を伺う。非常に冷たい空気を吸うことができた。

粉塵が舞う現場に 防塵マスク

現場は乾燥し、常に砂埃が舞っています。

二輪車で砂を運ぶ作業員 マスク

初回量産のため3000個程度生産を見込んでおります。量産には開発費や生産コストが高額となるため、販売代理店を広く募集いたします。

試作サンプルによる評価テストは可能です。

 

日本の産業廃棄物処理現場

日本の産業廃棄物処理現場

手作業で処理する。暑い 日本の産業廃棄物処理現場

産廃の細かい分別をすべて人間の手作業で行われています。

屋内 産廃業者 処理工場

屋内もむせるように暑い。事情に重労働である。

現場作業員にインタビュー

現場の過酷さを語る。

驚きの冷感にびっくりの表情

驚きの冷感にびっくりの表情 

働く現場、クールスマイルのクールアーマーCA1

暑さと戦う現場のために!ニッポンを冷やそう!

「エアコンマスク®」「人間エアコン®」「CoolSmile®」はCoolSmileの登録商標です