熱中症対策専門カンパニー

English/日本語

LINE@CoolSmile

さまざまなデザイン仕様に!デザイン数は無限大です!

クールスマイルキャップ

ちょっとした改造で、あなたの帽子(CAP,HAT)にも応用が可能です。

 

人間エアコンモニター募集!


【PR】ONE WAY JAPAN 日本サッカー協会公認サングラス

JFA(財)日本サッカー協会公認のサングラス。ジャパンブルーのフレームに、JAPANとJFAのロゴが入って、とってもおしゃれ!UVカット率99%なので、スタジアムでのスポーツ観戦もOK!このサングラスで日本代表を応援しよう!日本サッカー協会公認サングラスONE WAY JAPAN

 

伝えたいこと(言いたいことを言わせて!)

暑さ対策の当たり前の話

 


暑さ対策の当たり前の話(2017.6.8)


雨に日に傘をさして歩くことはごく一般的な当たり前の話です。

夏の暑い日に、人間エアコンを使用して活動することも、当たり前の時代となりました。

人間エアコンの使い方は、コンビニなどで売っているごく普通なペットボトルを使用後リサイクルし、中に80%ほど氷を入れて冷凍庫で凍らせます。

初めてお使いになる場合に限り、+20%の水道水をペットボトルに加水します。
ボトルケースにセットして、専用キャップに取り換えれば準備完了。

後は、人間エアコン着衣とポンプユニットを接続すれば機能します。
スイッチのON/OFF(あるいはECOモード搭載機種に限りインターバル)で水流が流れ、面水冷となって体温を吸収します。さらに外部からの放射熱をカットします。

ここで、この持続時間の話になるわけですが、水流が続くのは8時間以上。
これは1日の労働時間に相当します。十分な連続運転時間です。

しかし、ボトル内の氷(氷電池と呼ぶ)の残量は1リットルモデルでおよそ1時間となります。
皆さんは”雨に日に傘をさして歩くことはごく一般的”であることは認知されていることです。
傘をさすのは面倒ですよね?でも傘がないとずぶ濡れになってしまいますよね?

人間エアコンも1時間限りで、その後全く使えないわけではありません。
わずか10秒でボトル交換でき、水冷服内が温まらないうちに継続して冷却が可能なのです。
これを”クイックチェンジ”と呼んでいます。

雨の日に傘をさすのも、仕事中にヘルメットや作業着を着るのも、当たり前であったり義務だったりしますよね?
夏に人間エアコンを着て、熱中症対策や予防をする装備も、仕事のモーションの1つと考えられないでしょうか。
耐火スーツを着て溶接作業したり、手袋をして自分の身を守るのも、仕事の一つだと思います。
同じく、わずかな手間で猛暑対策を行うのも、当たり前の仕事の一つになるものだと信じています。

怪我や事故の原因の一つにヒューマンエラーがあります。普段の集中力を欠き、普段の体力を欠いている時こそ事故が起きやすくなっています。事故後、従業員が離脱したり、怪我をしたり、大切な機械を壊してしまうなど大きな損失は計り知れません。再雇用にかかる費用、機械の修理費などを考えると安全性を高めて、生産性が向上し、損失を予防できる投資は、必ず帰ってきます。なので安い買い物であると思います。

人間エアコンの投資は決して高くはありません。大型業務用エアコンを購入し、毎日多額の電気代を支払うなど不効率な投資を考えると、人間エアコンは非常に安く、エネルギー効率も非常に高いECOであると思います。

暑さ対策の当たり前の話
これからのグローバルスタンダードであること、それが人間エアコンのコンセプトです。